恋空と携帯小説6


それは中高生など活字離れしている子供たちが小説を読みやすいだけではなく、恋空の作者のように全く無名の人が小説家として脚光を浴びる可能性がでてきたということなのです。この恋空の作者も自分の体験をもとに書いた小説で決して今まで数々の小説を書いてきた人気作家などでないようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。